不思議の国のアリス展 神戸兵庫県立美術館

先日お知らせしました、神戸兵庫県立美術館ミュージアムショップでのPOP UPですが、現在展示中の「不思議の国のアリス展」の詳細がわかりましたのでお知らせします♪

「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生など注目アーティスト多数

イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに170を超える言語に翻訳され、発行部数は1億部とも言われる世界的ベストセラーになっています。 その「不思議の国のアリス」をテーマとした展覧会「不思議の国のアリス展」が、神戸兵庫県立美術館、松本市美術館、そごう美術館、福岡市美術館、静岡市美術館等の各地に巡回します。現在、神戸兵庫県立美術館(ギャラリー棟3F)で2019年3月16日(土)~5月26日(日)の期間で開催されています。 この展覧会では、作者ルイス・キャロル本人によるスケッチや、「不思議の国のアリス」の挿絵作家の作品などを展示する展覧会となっており、その出展するアーティストの顔ぶれがとても豪華です。以前ご紹介したことのあるイギリスのイラストレーターのアーサー・ラッカム(イギリスの挿絵画家アーサー・ラッカムが描いた「不思議の国のアリス」の世界)、「ファウスト」や「悦楽共犯者 」で知られるチェコのシュールレアリスムアーティスト、ヤン・シュヴァンクマイエルに日本の人形作家清水真理に、版画家山本容子、清川あさみ、草間彌生、舘鼻則孝、絵本で有名なエリック・カールなどの作品が展示されます。 不思議の国のアリス展 公式サイト 「不思議の国のアリス」関連の記事はこちら 【No.1】不機嫌なアリス。「不思議の国のアリス」をテーマとした写真シリーズ 【No.2】🍄なにこの可愛いお部屋!?「不思議の国のアリス」の世界を再現したかのような空間芸術が素敵 【No.3】水中に迷い込んだ不思議の国のアリス!?Elena Kalis(エレーナ・カリス)の水中写真 【No.4】「白雪姫」や「不思議の国のアリス」など。韓国の民族衣装チマチョゴリを着た主人公を描いたイラストシリーズ 【No.5】現代的軽やさとガーリーなスタイルが特徴的。オーストリアの女性イラストレーターLisbeth Zwergerが描いた「不思議の国のアリス」 【No.6】可愛い!!「不思議の国のアリス」をモチーフにしたデコラティブな靴 【No

ADB

アートニュースのADBより。

神戸兵庫県立美術館、松本市美術館、そごう美術館、福岡市美術館、静岡市美術館等の各地に巡回しており現在は神戸兵庫県立美術館で5/26まで展示しています。

KEORA KEORAのアイテムも5月中旬までの展開となりますので、お出かけの際にはぜひミュージアムショップにもお立ち寄りください♪

公式サイトはこちら

ルイスキャロルの原画が展示されているとのことで、私も巡回展で横浜そごうに来られる時に訪れたいです!

少し前にミュシャの原画と版画の展示があり、観に行きましたが細かな線ひとつとっても、やはり本物はすばらしく、できるだけ巨匠と呼ばれる方の作品の展示は足を運びたいものです。ミュシャに関しては数年前の新国立美術館での展示に訪れた時は、晩年の大作の迫力に若干酔ってしまうほど強いものを感じてしまい、こんなこともあるんだな〜と貴重な体験をしました笑


もう桜も開花してきて春!ですね。花粉はすごいですが春楽しんでくださいね♪